読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モードラインでファイル毎に Vim の設定を記述する

モードラインを使用すると、個別のファイルごとに Vim の設定を書くことができます。
例えば、拡張子は .html でも中身は PHP スクリプトという場合、ファイルを開く度に

:se fenc=php

と入力せずに済みます。

モードラインの書き方

行頭か行末にそのファイルのコメント形式で記述します (でないと見えてしまうしパースエラーになる)。また、vim: 前後のスペースや最後のコロンが無いと認識されないので注意。

<?php
echo 'hoge';
// vim: se ft=php:

参考サイト