読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TermKit をインストールしてみました

TermKit というターミナルエミュレータがおしゃれっぽいので試してみました。

TermKit のインストール手順

TermKit はバックエンドは node.js、フロントエンドは WebKit (.app ファイル) で動いているので、まず先に node.js をインストールします。詳しい仕組みは作者のブログで。

node.js と mime パッケージをインストールします。私はユーザのディレクトリに入れました。

$ git clone https://github.com/joyent/node.git
$ cd node
$ mkdir ~/local
$ ./configure --prefix=$HOME/local/node
$ make
$ make install
$ export PATH=$HOME/local/node/bin:$PATH
$ curl http://npmjs.org/install.sh | sh
$ npm install mime
$ node --version
v0.5.0-pre

TermKit をダウンロード、node.js のサーバを実行します。

$ git clone git@github.com:unconed/TermKit.git --recursive
$ cd TermKit/Node
$ node nodekit.js

これでサーバが立ち上がりましたので、次にクライアントを立ち上げます。

クライアントは TermKit/Build/TermKit.zip を解凍してできあがる TermKit.app です。普通にダブルクリックで実行します。

ls でアイコンやサムネイルが表示されるのはよさげ。cat コマンドでテキストファイルや画像ファイル内容表示できます。現時点では VimPerl など、バイナリの実行はできませんでした。

今のところ実用性はありませんが今後に期待したいです。

ちょっと方向性は違いますけども、過去に Flash のライブラリをシェルっぽく操作できる JSFL を書いたことを思い出しました。