読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flash Player のバージョンを切り替えるアプリケーションを作った

Flash Player を切り替えるアプリケーション「Switch Rabbit」を作りました。タスクトレイに常駐し、メニューから IE (ActiveX) または FirefoxFlash Player のバージョンを切り替えることができます。

ダウンロード (version 0.3)

Windowsインストーラ: switch-rabbit.exe
Macインストーラ: switch-rabbit.dmg
Windows は XP と 7、Mac は 10.5.8 で動作確認を行いました。

セットアップ方法

インストールに成功すると Switch Rabbit の赤いアイコンがタスクトレイ (dock) に出現します。アイコンを右クリックすると下記のようなメニューが出現します。

プラグインフォルダを開く」をクリックして、Flash Player のインストーラを格納するフォルダを開きます。

Switch Rabbit には Flash Player は含まれません。Flash Player のインストーラ本体を Adobe のアーカイブページからダウンロードする必要があります。また、アンインストーラも合わせてご用意ください。

いくつかのインストーラを下記のように「プラグインフォルダ」にコピーしてください。Mac 版は、.dmg ファイルにバージョン名が含まれるもの (flashplayer10r45_2_ub_mac_debug.dmg など) のみ対応しています。.zip ファイル形式には対応しておりません。

コピー後、Switch Rabbit のメニューから「再読み込み」をクリックします。

更新履歴

version 0.3 (2010.08.05)

  • Mac に対応しました。
  • Flash Player 10.1 に対応しました。
  • バージョン情報を表示しました。

既知の問題

  • バージョンの並び順が一部前後している。

要望や不具合のフィードバックは、コメント欄または、@tanabe までお願いします。