読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不用品回収業者を利用してパソコンを処分した

不要になったパソコンを、「エコランド」を利用して処分しました。

パソコンを処分するのには時間とお金がかかる

2003 年に施行されたパソコンリサイクル法により、パソコンを粗大ごみで処分できなくなりました。
処分する際は、各メーカーに申し込んで、申し込み用紙を郵送してもらって、段ボールに梱包して…非常に手間がかかります。
また、エコマークが貼られていない製品は 1 個あたり約 3,000 円のリサイクル料金がかかります。

自宅に回収に来てくれるサービスを利用する

不要になったのは、メーカーがそれぞれ異なるパソコン 2 台と液晶モニタ 1 台。いちいち申し込むのは面倒です。そこで、回収業者を利用しました。
街中で廃品回収の軽トラックが走っていますが、ああいう「胡散臭い」業者に頼むと不当な料金を請求されたり、不法投棄される恐れがあります。
なので、信頼できそうな業者に申し込みました。結果、特にトラブルもなく回収してくれたのでおおむね満足です。営業の対応が○。

回収してもらった後、郵便受けをのぞいたらポストカードが入っていました。いいね、こういうの。

20100612a.jpg

コストの内訳

手間賃を考えるとメーカーに依頼するよりもコストパフォーマンスが高いと思います。

種類 金額
基本料金 3,150 円
時間指定料金 1,050 円
デスクトップパソコン 2,625 円
ノートパソコン 2,100 円
液晶モニタ 2,625 円
合計 11,550 円

HDD は完全にフォーマットするか抜いておく

今回利用したエコランドは、回収したパソコンをオークションに出品するそうです (落札されなかった場合は解体されて資源に)。
個人情報が気になったので HDD はゼロ書き込みフォーマットしました。また、そもそも HDD が不調なものもあったので、そちらはパソコンから外しておきました。 地域によりますが HDD 単体ならば不燃ごみか資源ごみで捨てることができます。
HDD のフォーマットには、IDESATA 両方使える下記のケーブルが重宝しました。

HDDをUSB SATA&IDE-USB2.0変換アダプタケーブル